昭和大学歯学部同窓会のホームページです

学術講演会報告

2017年度第1回昭和大学歯学部同窓会ポストグラデュエートセミナーが、5月14日(日)に昭和大学歯科病院臨床講堂にて開催されました。
講演 「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」
講師 静岡県立大学 短期大学部 歯科衛生学科 教授 仲井雪絵先生

妊婦を対象にしたキシリトールによる『ミュータンスレンサ球菌感染予防』の研究データを用いて、親から子への菌の感染予防についてお話をされました。子に口移しをしない、同じ食器を使用しない、など我々が日常的に患者さんに説明することはわかっていても現実的に実行が難しい。そこで発想を転換して、感染した菌の弱体化、無害化を考えるというお話には感動を覚えました。キシリトールを毎日摂取することで虫歯の原因菌であるミュータンスレンサ球菌の歯面への定着をおさえ、不溶性グルカンと酸の産生を抑制して妊婦本人の虫歯予防をするだけでなく、子に感染するミュータンスレンサ球菌も弱体化させることができる。
仲井雪絵先生の講演は、短い時間ではありましたがとても為になり大変有意義な時間を過ごすことができました。

ページトップへ